大江山の酒粕は5種類、「熟成大吟醸酒粕・できたて大吟醸酒粕・純米酒の酒粕・板粕・ねりかす」がございます。 お料理上手な方や酒粕ファン必見です。

石川県の奥能登で受け継がれる能登杜氏の技・地酒「大江山」
酒粕・能登ガイドブック・能登海洋深層水


大江山の酒粕(さけかす)について

蔵元直送の酒粕は、高品質でおいしいです。 松波酒造の酒造りは寒い冬だけの極寒仕込みです。 その為、新粕の発売は12月中頃〜2月になってしまいます。 木製の槽(ふね)にひとつひとつ酒袋に入れてお酒を搾ります。 この工程で、厚みのある、しっとり白く柔らかい酒粕が出来上がります。 原料米は高品質な酒米「兵庫県産 山田錦」と「石川県産 五百万石」と「石川県産 石川門」です。


*酒粕には約5〜8%のアルコール分が残っています。 

2010年11月24日NHK「ためしてガッテン」で【酒粕特集】がありました。 美味しいこと、効用、そしてお料理レシピはこちらから⇒⇒ http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20101124

大江山の酒粕ができるまで

日本酒造りの最終過程に、モロミ【お酒のもと】を粕袋に入れて槽(ふね)に敷き詰め、上から圧力をかけて搾ります。 これを【上槽じょうそう】といいます。 そして原酒は下に用意したタンクへ滴り、粕袋の中には搾られたモロミが板状になり「酒粕」として残ります。 タンク1本分で、約400袋の粕袋を使います。 これらを1枚ずつ手作業で袋から引き出します。 酒粕は計量し端を切り揃えて袋詰めにします。 これが「板粕・新粕」です。

 

ふねに粕袋に詰めたモロミを並べます
じんわりとお酒が染み出します
仕込みタンクのモロミをポンプで送りながら、手作業でモロミを粕袋に入れます。 約9L(5升)入ります。 槽(ふね)の中にモロミを敷き詰め、上からの重さと圧力で、粕袋のからはお酒がにじみ出ます。 最後に粕袋には酒かすが残ります。
ふねの下に設置したタンクに新酒が集められます
粕袋から酒粕を取り出します
槽(ふね)の下に1箇所だけ出口があります。 ここからほとばしる新酒はとってもいい香り。 一時的にタンクに集めた後ポンプで貯蔵タンクへ移動します。 数日間かけてしぼり、白くて厚みのある酒粕(新粕・板粕)が出来上がります。 重さを量り端を切り揃えてから袋に詰めてできあがります。

 

冬にできた新粕をビニールを敷いた樽の中に詰め、ぎゅうぎゅうに入れて空気を抜き(踏み込み)、密封するようにした後、蔵の涼しい所で夏まで常温で熟成保存させます。 時々混ぜたり、空気抜きをします。 これが柔らかく、茶色く香りも強い「土用粕 どようかす・ねり粕」と呼ばれ、主に野菜の粕漬け・奈良漬に使われます。

酒粕は健康にも良い食品です!

酒粕には、たんぱく質・ビタミン類・食物繊維・アミノ酸が豊富に含まれている栄養価の高い食品です。 原料は上質の国産のお米です。 そして醗酵過程においての酵母も有益な要素を作っています

最近では血圧を下げる効果・血栓を溶かす作用・コレステロールを下げる効果・美肌や美白・保湿の効果が優れていると言われ、健康食品としての注目度も高いのです。

 

テレビ番組で、酒粕は「善玉コレステロールを増やす」と紹介していました。 相性がいいのは「鮭」で悪玉コレステロールを減らす作用があるそうです。 この2つを組み合わせた鮭の味噌酒粕漬けや、鮭のアラの粕汁が美味しく体にも良いそうですよ。

 

 

商品詳細 熟成大吟醸粕 500g 400円

熟成 大吟醸粕

2016年分 完売しました
500g カップ入り:¥756 (本体700円、税56円)

大吟醸を搾った時に出来上がる酒粕を秋まで冷蔵室で熟成させたものです。 高い香りと上品な甘味が人気のワンランク上の酒粕です。 粕汁にひとさじ。

酒質大吟醸酒

味わいフルーティーな香りとクリーミーな味

原材料/大吟醸と同じ 水・米・米麹・醸造アルコール
原料米/兵庫県産山田錦100%
精米歩合/40% 使用酵母/メイリ

熟成大吟醸粕 詳細へ→

熟成大吟醸粕 ご注文はこちらから

 

 

商品詳細 できたて大吟醸粕

できたて 大吟醸酒粕

2017年分完売しました
1kg:¥756 (本体700円、税56円)

1月末〜2月に大吟醸を搾った時に出来る数少ない酒粕です。 華やかな吟醸香と上品な甘みが特徴。

酒質大吟醸酒

味わい大吟醸の味と香りがジューシーに凝縮

原材料/大吟醸と同じ 水・米・米麹・醸造アルコール
原料米/兵庫県産山田錦100%
精米歩合/40% 使用酵母/メイリ

できたて大吟醸粕 詳細へ→

できたて大吟醸粕 ご注文はこちらから

 

 

商品詳細 板粕 新粕

板粕・新粕

2017年分完売しました
1kg:¥648 (本体600円、税48円)

一般的な酒粕です。 表面にできる模様は酒袋の繊維の跡です。 粕汁・甘酒・海鮮鍋・お料理に一味加えたい時に。  三温糖をのせて焼いておやつに。

酒質本醸造酒

味わい酵母も生き生きしている厚みのある板粕

原材料/本醸造と同じ 水・米・米麹・醸造アルコール
原料米/石川県産五百万石
精米歩合/68% 使用酵母/協会1401号 金沢酵母

詳細へ→

板粕 新粕 ご注文はこちらから

 

 

商品詳細 純米酒の酒粕
大江山 熟成純米粕500g

純米酒の酒粕

2017年分完売しました
1kg 袋入り:¥648 (本体600円、税48円)
 2017年7月下旬より販売
冷蔵熟成500gカップ入り:¥648 (本体600円、税48円)

冬にできた「純米酒の酒粕」を冷蔵室で熟成させました。 白和えやお鍋に、イカ・鮭の粕漬けにぴったり。 お米の美味しさ凝縮。

酒質純米酒

味わい冬:ほのかな柔らかい香りと、もちもちした食感

原材料/純米酒と同じ 水・米・米麹
原料米/山田錦・石川門・五百万石
精米歩合/50% 使用酵母/協会1401号 金沢酵母

 

 

商品詳細 土用粕 錬り粕 踏み込み粕

土用粕・ねり粕

完売しました
1kg:¥648 (本体600円、税48円)

冬にできた酒粕を夏頃まで樽の中に寝かして熟成させたものです。 「踏み込み粕」とも呼びます。 コクがあり強い甘みは野菜の粕漬け・奈良漬に最適。

酒質本醸造酒

味わい酒粕らしい香りと強く芳醇な甘味

原材料/本醸造と同じ 水・米・米麹・醸造アルコール
原料米/石川県産五百万石
精米歩合/68% 使用酵母/協会1401号 金沢酵母

土用粕 錬り粕 踏み込み粕 詳細へ→

土用粕 ねり粕 踏み込み粕 ご注文はこちらから

 

 

 

「大江山」松波酒造の通販サイト(通信販売)大江山酒粕・酒かすのページです

WEB担当:若女将 金七聖子 E-mail:sake@o-eyama.com
TEL:0768-72-0005 IP:050-3528-8471 FAX:0768-72-2348
〒927-0602 石川県鳳珠郡能登町松波30−114