2005年3月に「のと鉄道」最後の風景を撮りにいきました。 最終日の松波から蛸島駅が中心のページです。

石川県の奥能登で受け継がれる能登杜氏の技・地酒「大江山」
酒粕・能登ガイドブック・能登海洋深層水


のと鉄道

松波駅にて  3月31日(木)午後   晴れ〜雨

【さよなら、のと鉄道】 1ページ目  2ページ目  ページ目



14:40 酒蔵の後ろに流れる松波川。その土手で上下線のレールバスを待つことにしました。



お天気にも恵まれた松波。しかし、風が強くてそのゴウゴウ鳴る音で周囲の音がかき消されています。



高い「ポッポー」の汽笛が聞こえ、レールが震える感じがやってきました。

松波駅に向かって下り線3両の黄色いレールバスが走っていきました。 ぼさぼさの草木の間を抜けて走ります。中から見ると山が迫って見える風景なのです。 青く細い欄干が26日に写真を撮っていた城山の橋です。


少しして、上り線がやってきました。 ちょっと離れた場所から撮ってみました。


今日はきっと沢山の人達に注目されて走っています。


先に見送った下り線が16:16に終点蛸島駅に到着します。ここは無人駅でボランティアの方が運営しています。


駅の中は異常に込み合っています。 TV中継もあるのでスタッフの人や列車待ちの家族や、そして鉄道ファンの方。。



全ての壁に寄せ書きがいっぱい貼ってありました。
改札無しのホームへ。


少し雨が降る中、記念グッズの販売テントがありました。





終点です。


緩いカーブが山へ続いています。ホームには屋根とベンチがある簡単な待合室があります。

空はどんどん曇って、寒くなってきました。 そして雨も降ってきた。



     たこじま⇒しょういん

この時期蛸島ではハタハタがとれます(*^_^*) 焼いたり、煮付けにしたり、唐揚げにしたり、さつま揚げにできます。



ポッポー





激しい雨の中ライトを点けて登場。


乗降客とインタビューされる人、ビデオやカメラでの撮影する人でいっぱいになりました。


夕方のニュースはほとんどが【のと鉄道】で、リレー中継もありました。


さよなら運行まであと少し。いくつかの駅でブラスバンドの演奏や花束贈呈が行われています。

普段は本当に静かな駅だと思います。 でも賑やかに見送られてよかった。
21:00に最終の下り列車が松波駅に来ます。 地域の人達とお見送りに行ってきます。
    松波駅での風景 午前
 2   松波駅での風景 午後
 4   最終列車 松波駅 21:00

 

 

「大江山」松波酒造の通販サイト(通信販売)さよなら、のと鉄道3のページです

WEB担当:若女将 金七聖子 E-mail:sake@o-eyama.com
TEL:0768-72-0005 IP:050-3528-8471 FAX:0768-72-2348
〒927-0602 石川県鳳珠郡能登町松波30−114